【臼杵煎餅はまずい?】臼杵せんべいの味について

「臼杵せんべい」とインターネットの検索などで調べると…

”臼杵せんべい まずい”

と検索ワードの候補が出てくるときがあります。

臼杵せんべいの製造会社である後藤製菓は自身を持って味にもこだわりを持っています。
そして、「臼杵せんべい まずい」という言葉に、決して、決して、決して惑わされることはありません(強調)。

でも、なぜ、そう思う人がいるのだろう?

と製造会社なりに考え、向き合ってみました。今回は「臼杵せんべいの味」についてご紹介をしていきます。

【臼杵せんべいはまずい?】臼杵せんべいの味について

伝統銘菓でもある「臼杵せんべい」といえば、大分県を代表するお土産として長年愛されている「生姜」のおせんべいです。

この臼杵煎餅は、小麦粉をベースにしたせんべいに、生姜と砂糖の蜜を手塗りしたものが基本となります。

味は砂糖の甘さの中に、生姜が味がピリッと効いた癖になるお煎餅となります。また煎餅の形は「曲」「平型」の2種類があり歯ごたえがちがいます。

【美味しい?まずい?】臼杵せんべいの味の違いの理由

では、なぜ、インターネットで「臼杵せんべい まずい」というワードが調べられているのでしょうか?
長年愛された臼杵せんべいだからこそ、そこには知らない事実もあるかもしれません。

私達が考えついた理由は、いくつか上げてみます。

【大前提】臼杵せんべいは複数の業者が作っている

現在、臼杵煎餅は、後藤製菓を含め7つのお店が作っています。
7つのお店はどのお店も個性があり、「生姜・砂糖の蜜」という共通する部分はありますが、それぞれで原材料・せんべいの厚さ・焼き加減・蜜の製法などが違います。

お客様

臼杵せんべいはどこも一緒でしょ?

と思われがちですが、どの店舗も同じ味ではありません。
なので、まずはお店の味によって、口にあう・あわないはありそうな気がします。

※でも、どのお店も真剣に臼杵せんべいに向き合った結果で、どのお店にもたくさんのお客様がいて想いがあります。臼杵煎餅のお店ごとの「味の違い・解釈の違い」を楽しむのも実は「臼杵せんべい」の醍醐味でもあります。

生姜の味が口に合わない・生姜せんべいが苦手

生姜といえば、独特の香りと辛味があります。しかしながら、

お客様

「臼杵せんべい」が生姜のせんべいということを知らなかった

という人も、まだまだたくさんいて、しょうがが苦手なのに買って食べたら美味しくなかったと思う人もいるようです。

他にも、生姜香り・辛味は、辛すぎたり、逆にあまり生姜がきいていなかったりと、臼杵せんべいのお店によっても違いますので、自分の口にあう臼杵せんべいを買わないと、ひょっとしたら美味しくないのかもしれません。

ただ、自分の口にあった生姜せんべいこと「臼杵せんべい」を見つけると…もう手放せなくなります。

硬すぎて食べるのが苦手

これは、自社のことでもありますが、せんべいの形には、薄焼きの「曲(まがり)」と厚焼きの「平(ひら)型」があり、平型は歯が悪い人には硬すぎて苦手かもしれません。

お客様

美味しいけど、硬すぎて食べるのが難しい

そういう人には、ぜひ薄焼き「曲型」を食べてほしいです。

あと、後藤製菓には、和菓子的な柔らかい「うすきせんべい生さんど」も販売しています。

臼杵せんべいの香りが苦手

臼杵せんべいは、店舗によって味が違うということは説明しましたが、原材料や製法・分量も異なるので、お店によって、お煎餅の香りが違います。

お客様

臼杵せんべいの香りが独特で苦手

というひとは、たまたま苦手な匂いのおせんべいに出会っただけかもしれません。

・あまり香りはしない
・砂糖の独特の匂いがする
・生姜の香りが強い
・何が違う香りがする。

と、やはりそれぞれあり、食べ比べをしてみればわかりますが、すべてのお店の臼杵せんべいをまとめて買う人は稀だと思うので、まず試食があれば一度食べてみましょう。

せんべい自体が焼けすぎている・あまり焼けていない

臼杵せんべいを食べてみて、

お客様

ちょっと粉っぽいかな

お客様

ちょっと香ばしい香りがするなど

という感想もたまにあります。

このせんべいの「焼き加減」も店舗ごとに違いますので、一概に「臼杵せんべい=香ばしい」や「臼杵せんべい=粉っぽい」ではないので、この焼き加減も自分にあった物を探してみましょう。

【子供の頃はまずい?】大人になると癖になる臼杵せんべい

「生姜」は独特の辛味と香りがあります。

だから、子供のときに臼杵せんべいをたべたときに、「おいしくないー」と思った人もいるかもしれません。

そういったかたは、おとなになったときもう一度「臼杵せんべい」をたべてみませんか?
ひょっとしたら癖になる美味しさになっているかもしれません。

【臼杵せんべいの味】伝統を大切にし、あらたらな道も模索する後藤製菓

今回はインターネット検索でみてしまった「臼杵せんべい まずい」というワードをもとに、臼杵せんべいの味について紹介をしました。

これまで臼杵せんべいは、伝統銘菓なので長年大きな変化はしてきませんでした。
それは、その味を愛してくれる方々がいるから、大切に守り続けている証拠です。

ただ、その伝統に甘えるだけでは、これからの若い人にはつたわりません。
伝統を大切にしつつ、
臼杵せんべいを次の百年につなげるためにも後藤製菓は日々切磋琢磨しています。